• yanagawakouzenji16

2021年の挨拶 

1月1日の修正会(しゅうしょうえ)のお勤め(勤行)が終わると、毎年変わらない年始の挨拶をお内仏の前で行います。「あけましておめでとうございます。旧年中はたいへんお世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします」と。前住職の代から継承している形です。

若いころに本山(東本願寺)の要請で、京都に一週間ほど研修会のお手伝いに出かけていたころ、仕事を終えて帰ってきた私に、前住職が「あなたはお寺を空けるのに家族に感謝の言葉がありませんね。」と指摘したことがあります。反射的に「心では感謝している。」と答えると、「当たり前と思っていて感謝のこころはないのでしょう。」と言われゾッとしました。本当にどこにも感謝の心はありません。自分を知らされる年始の挨拶です。

「本年もどうぞよろしくお願いいたします。」

                            十時 善友


54回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2021 真宗大谷派 光善寺

  • Facebook