• yanagawakouzenji16

3月更新しました。

最終更新: 3月17日

 東京の専福寺坊守(二階堂行寿住職)からメールで、当山のホームページの感想と共にコロナ感染症で亡くなられた門徒さんの葬儀を執行したことが、2月28日の毎日新聞朝刊のコラムでとりあげられ「葬儀をあきらめない寺」として紹介されたとの知らせが届きました。志村けんさんが亡くなったときに、親族との最後の対面が許されないまま遺骨となってお兄さんのところに帰られたシーンにショックを受け、コロナ感染症の恐ろしさを実感した人は少なくないのではないでしょうか。

 詳しい状況を知りたくて急いで資料を送ってほしい旨を伝えると、すぐにファツクスで資料が送られてきました。ご住職に御礼の電話をかけいろいろとお話しする中で、これは他人事ではないと感じると共に、門信徒の皆さんや組内寺院との問題性の共有と方向性の確認が必要と思い、ともかくもお知らせしたことです。門信徒への発信は願海97号に記載していますのでご覧ください。専福寺では昨年から「新型コロナ感染症における 専福寺の対応について」をQ&Aなどを交えてわかりやすく門信徒に伝えておられました。

今後共よろしくお願いします。      十時善友


① お内仏の荘厳に「お盆のおかざり」を追加しました。お内仏のお華束の作り方も公開。

② 浄土真宗の歴史について(10)~(12)を追加しました。

③ 問題は常に内にあり(4)・(5)を追加しました。

④ 動画「はじめて読む人の 真宗大谷派のおつとめ(1)」,「りゅうじん池としんらんさま」を追加しました。

⑤ 願海 第97号(3月)を追加しました。   



                        


30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2021 真宗大谷派 光善寺

  • Facebook