​お内仏の荘厳

​お内仏の荘厳

PC070986%25252520(2)_edited_edited_edite
火舎香炉
PC070955%20(2)_edited.png
PC070955%20(2)_edited.png
PC070953%20(2)_edited.png
PC070967%20(2)_edited.png
PC070972%20(2)_edited.png
御仏飯
土香炉
PC091009%20(2)_edited.png
PC070975_edited.png
金灯篭
PC091009%20(2)_edited.png
金灯篭

​私たちにとってお内仏は「拠りどころ」をあらわします。​

荘厳(おかざり・お華を供える)や給仕(御仏飯を上げる)は御本尊である阿弥陀如来の本願を拠りどころとする生活の基本であり表現です。表されないと心にあるといっても生活になりません。また亡き人は阿弥陀如来の眷属として念仏を勧め、運び、まもられるのです。

仏具をクリックすると

詳細が表示されます。

法名軸(ほうみょうじく)

PC091043%20(2)_edited.png
PC091039%20(2)_edited.png
PC070962%20(3)_edited.png

上卓(うわじょく)

上卓の荘厳(おかざり)の様子。

前卓(まえじょく)

平時の前卓の荘厳(おかざり)の様子。

PC070981_edited.png
image0 (9).png

​提げてある仏具

PC070945%20(3)_edited.jpg

簡素なお内仏のおかざり

三折本尊(みつおれほんぞん)に三具足(花瓶・土香炉・燭台)のお内仏。

​掲載しているお内仏の荘厳(おかざり)や給仕は、真宗大谷派の教えに準拠した基本的なものです。 ​それぞれの住環境に応じてお考えいただくとよいと思います。ご縁のあるお寺にご相談下さい。