​浄土真宗の歴史

 38 ​

​紙面掲載年月:2014年11月

  親鸞聖人は六十二歳の頃、関東の地を後にして家族と共に京都にお帰りになったといわれています。念仏で結ばれた多くの人々を後にして、しかも六十二歳といえば当時は既に老齢にかかっておられる身をもって何故帰洛を決心されたのか、くわしいことは何一つ分かっていません。多くの学者の方々が色々推測されていますが、私は「教行信証・きょうぎょうしんしょう」完結の為の帰洛であったと考えています。

いままで申してきました通り、法然上人の専修念仏(せんじゅねんぶつ)の教えが、比叡山や奈良の仏教からこれだけ非難され、誤解されて多くの念仏者が苦難を被っていることを思われる時、法然上人から特に信頼され、選択集(選択本願念仏集・せんじゃくしゅう)の書写(しょしゃ)を許された数少ない弟子の一人として、法然上人の念仏宗興隆(ねんぶつしゅうこうりゅう)の意義を明らかにする責任を自覚され、その為に書き始められた「教行信証」の完成が聖人一代の大事業でした。その為にはやはり京都に帰らねば、現代的にいえば当時の関東には多くの書物を蔵した図書館が無い。その為にはやはり都である京都でなければならなかったのでしょうし、念仏弾圧が行われている都の真ん中で、その事実をこの目で見、その空気を肌身に感じながら、法然上人の専修念仏の意義を明らかにしようとされたのだと私は考えています。

「教行信証」というのは通称で、正式の名称は「顕浄土真実教行証文類・けんじょうどしんじつきょうぎょうしょうもんるい」といい、六巻にわたる大部の書籍です。全文漢文で書かれている親鸞聖人の思想の根幹が表された根本聖典です。それは現在東本願寺に蔵され、国宝に指定されています。この「教行信証」はもと坂東の報恩寺(東京都台東区東上野)に蔵されていました。この寺はもと下総(茨城県)の横曽根にあり、親鸞聖人第一の高弟であった性信房(しょうしんぼう)が開基したものですが、慶長七年(1602年)江戸に移り、移転を重ねて文化三年(1806年)に現在の地に寺基を定めたといわれています。ここに伝えられていた坂東本(ばんどうぼん)が、親鸞聖人が関東で一応完成された「教行信証」だと考えられています。ところでその「教行信証」を親鸞聖人が京都に帰られた後、聖人が書かれた真筆は残っていませんが、それを、その弟子によって書き写された写本が、例えば西本願寺や、高田派の本山専修寺に蔵されているものなど幾つか存在しているのですが、これらの内容が坂東本からみると、あちこち随分多く筆が加えられたり、書き直されたりしており、そこに、聖人帰洛後のその思想の深まりが強く感じられるわけです。特に西本願寺本は聖人滅後間もない文永十二年(1275年)に書写されたものと言われており、これが、聖人が最後に筆を置かれたものを写したものと考えられています。現在我々が真宗聖典で見る事の出来る「教行信証」はこの西本願寺本が定本になっているのです。

又聖人には此の」教行信証以外にも「浄土文類聚抄・じょうどもんるいじゅしょう」「愚禿抄・ぐとくしょう」「入出二門偈・にゅうしゅつにもんげ」など漢文で書かれた書物もあり、又これは関東のご門徒の為と考えられる「尊号真像銘文・そんごうしんぞうめいもん」「一念多念文意・いちねんたねんもんい」「唯信抄文意・ゆいしんしょうもんい」など、平易な文章で書かれた解説書など多くの書物を書かれています。然し現在私たちに最もご縁の深いものは正信偈(しょうしんげ)と和讃(わさん)でありましょう。正信偈は教行信証の中の偈文で、これを引き出し和讃と組み合わせて朝晩のお勤めの聖典とされたのは蓮如上人ですが、その和讃は親鸞聖人が京都にお帰りになって、その晩年にわたって御作りになった仏の徳、高僧の徳を讃歎された歌です。その最晩年のものは八十五歳の年から作り始められたことが記されています。全部で三四六首も残されています。 

「親鸞」の小説を書かれた五木寛之さんが、テレビでこの和讃はすべて七五調の今様という当時の流行歌の調べで書かれている。現在でも演歌の歌詞の調べはみなこの七五調で書かれていて、これが一番日本人の心情に直接訴える調べなので、当時聖人はこれをご門徒の人々に歌ってほしかったのであろうと言っておられたのが印象に残っています。