top of page

​浄土真宗の歴史

 44 ​

​紙面掲載年月:2015年11月

 親鸞聖人は弘長(こうちょう)二年十一月二十八日、聖人の弟、尋有(じんう)さまが住職をしておられた善法坊(ぜんほうぼう)というお寺の離れで九十年の生涯を閉じられました。当時、越後に居られた奥様の恵信尼(えしんに)さまは聖人のご往生を、その臨終(りんじゅう)を看取られた末娘の覚信尼(かくしんに)さまからのお手紙でお知りになります。その覚信尼さまからの手紙に対する恵信尼さまの返礼の手紙が、大正十年、西本願寺の書庫から他の恵信尼様の書簡(十通)とともに発見され、大きな話題になりました。

 

 そのお手紙は恵真尼さまが聖人のご往生(おうじょう)を通して改めて感じられた、聖人さまと恵信尼さまとの仏縁を通しての、深く尊い因縁と喜びを覚信尼さまに語られているお手紙でした。そこには先ず親鸞聖人が比叡山(ひえいざん)を出て京都の六角堂に百日の参籠(さんろう)をされ、その九十五日の明け方、観音菩薩(かんのんぼさつ)の夢のお告げを受けられ、それに導かれて、後世(ごせ)の助かる縁にお遇いしたいと法然上人を訪ね、六角堂の参籠と同じように百日の間、降るときも、照るときも、どんな支障があるときもお訪ねして、そのみ教えをお聞きし、そこではっきりと心が決まり、たとえ人がどのように申しても迷わず、法然上人の「ただ念仏して弥陀にたすけられまいらすべし」との仰せを信じて生きてゆこうと決心したのだと、親鸞聖人は色々機会あるごとに、人々に申しておられました、と聖人が法然上人の教えによって念仏者となられた因縁を述べられ、そこで恵信尼さまは筆を改めて、次のような恵信尼さまの不思議な夢の事を書かれています。

 

 それは常陸(ひたち・茨城県)の国、下妻(しもつま)というところに境の郷という所があり、そこに居た時、このような夢を見られたというのです。何か御堂の落慶供養(らっけいくよう)らしく、その初日の宵(よい)に御堂の前には「立て燭(あか)し」が明るく輝いている。その御堂の前に鳥居のように、横木を渡したものがあり、そこに仏さまの御影(ごえい)がお掛けしてありました。そして、その一体は仏のお顔ではなく、ただ光の真ん中が仏の頭光(ずこう)のようで、はっきりしたお姿はお見えにならず、ただ光ばかりが輝いておいでになる。もう一体ははっきりとした仏のお顔でおいでになるので、「これは何という仏様でございますか」と申すと、どなたかはわからぬが、「あの光ばかりでおいでになるのは、あれこそ法然上人(ほうねんしょうにん)でおいでです。つまり勢至菩薩(せいしぼさつ)でいらっしゃいますよ」と申しますから「ではもう一体は」と申しますと、「あれは観音菩薩でおいでになります。あれこそ善信(ぜんしん・親鸞の別名)のご房(ぼう)です」と申されるのに気がついて、眼が覚めたのですが、そんな夢をはっきりと見ました。しかし、こういうことは人には言わないものだと聞いていましたし、全く人には言わないで、法然上人の御事だけは殿(親鸞)に申しましたところ「それこそ『正夢』である。上人のことをあちこちで、勢至菩薩の化身(けしん)と夢に見た人は数多いと言われている。勢至菩薩は智慧のもっとも勝れた方であって、その智慧(ちえ)は光明(こうみょう)としてあらわれておいでになる」と申されたことでした。その時、私は殿を観音菩薩と見た事は申しませんでしたが、心のうちだけでは、その後はけっして世間普通の方と思ったことはありませんでした。と夢のことを書いておられます。

これはこの手紙の最初にも触れられている、親鸞聖人の六角堂の夢の告げと全く符合するものであります。それは宿縁(しゅくえん)によって出会った配偶者は実は観音の化身であり、その観音はその人とその人生の苦楽を共にしながら、その人生の歩みそのままが、実は「往生極楽の道・おうじょうごくらくのみち」であることを知らしめてくださる方であるというお告げでした。そして、そのことを教えられた仏教が法然上人によって明らかにされた本願念仏の仏教であったということを恵真尼様は覚信尼さまに伝えたかったのでありましょう。

 

bottom of page